読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@basseyboost

わちょーいヽ(・∀・)ノ

マルチビタミン&ミネラルを買うならディアナチュラがおすすめ

サプリメント

f:id:basseyboost:20161207001229j:image

日々の栄養バランスを整えるためのベースサプリメントとして人気のマルチビタミン&ミネラルについて調べたことと、実際に試した商品レビューと雑感を紹介します。選ぶ時のポイントや各商品の栄養素の比較表など、検討の参考にどうぞ!

スポンサードリンク

 

マルチビタミン&ミネラルを飲むようになったきっかけ

20代前半の頃は、暴飲暴食してても体に何の異常もないし太ることもなく、サプリメントなんてむしろ胡散臭いものだと思い全く興味がありませんでした。30代も半ばにさしかかり、今までは栄養バランスを気にすることはなかったのですが、風邪を引きやすくなったり脱毛が気になったり体に異変を感じるようになり、少しは健康に気をつかった方がいいかと思い、マルチビタミン&ミネラルを飲むようになりました。

マルチビタミン&ミネラルを選ぶ時のポイント

・日本人の食生活に合わせて作られているかかどうか?

国内向けに販売されているサプリメントでも、海外のサプリメントの配合を参考に造られているものは、日本人の食生活に合わせて作られていないため栄養素の偏りや過剰摂取になる可能性があります。例えば海外のマルチミネラルにはセレンやクロムが多めに含まれています。おそらく海外では魚介類を食べる機会が少ないので、欠乏しやすいことから大目の配合になっているのではないでしょうか?毎日の食事とサプリメントを合わせても耐容上限量を超えることはないにしろ、推奨量は超えてしまうので注意が必要です。

・1日に飲む目安量が三粒以上かどうか?

「1日一粒で必要な栄養素が摂れる」と言われるとお手軽でいいようなイメージを持ちますが、あまりいいことはありません。例えば1日三粒を目安とされているサプリメントの場合、朝昼晩で分けて飲むことでビタミンの吸収効率を上げたり、栄養素等表示基準値に合わせて女性の場合は少なめに飲む、食事で十分に栄養を取れそうな時は飲む量を減らす、など飲み方を変えることで小回りが利くので便利です。

・栄養素の表示基準値について

パッケージに表示されている各栄養素の基準値に対して何パーセント摂取できるかの数値ですが、18歳以上の男女の人口割合から加重平均して算出されています。推奨量はきっちりと守らなければならない数値ではないので細かく気にする必要はないかもしれませんが、100%と書かれているからと言って安心できるものではありません。全体的に見ると100%と表示されているものでも男性の場合は若干不足になる傾向があります。特に、ビタミンA、カルシウム、マグネシウム、鉄は年齢や性別で推奨量が変わってくるので注意が必要です。

・特定の栄養素が過剰摂取にならないか?

先に挙げたセレンやクロムのほか、マルチビタミン&ミネラルに含まれる成分の中で過剰摂取に気をつけなければならないのは、亜鉛葉酸、ビタミンA、が挙げられます。目安量を守り、よほど偏った食事を続けない限りは、耐容上限量を超えることはないですが、複数のサプリメントを併用している場合などは注意が必要です。

■最終的に定期購入しているマルチビタミン&ミネラル

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル

ディアナチュラ ストロング39アミノマルチ 300粒 (100日分)

ディアナチュラ ストロング39アミノマルチ 300粒 (100日分)

 

厚生労働省が定めた「栄養素等表示基準値」をもとに算出された基準値から、本製品に含まれるビタミン類は100%満たした上で、ミネラル類をバランス良く配合されている。年齢や性別によっては多少の過不足があるが、他製品と比較して各成分の含有量も多く、コストのバランスがとても良い。同社の「ディアナチュラ 29アミノ マルチビタミン&ミネラル」と比較して、ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、亜鉛、の含有量が強化されていることと、必須アミノ酸などのおまけ成分も豊富なのが嬉しい。

表題の通り、最終的にベースサプリメントとして落ち着いたのはコレでした。

■比較検討の候補に上がったマルチビタミン&ミネラル

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

 

Amazonのレビュー数を見てもわかる通り、圧倒的に売れているので、いろいろなブログで「迷ったらこれ!」と言われていて気になったのですが、粒が大きく飲みにくいこと、匂いがきになること、通常の食事では不足することのないセレンの含有量が多すぎるため過剰摂取が気になったので候補から外れました。(セレンの過剰摂取は脱毛につながるとのことなので…)

1日の目安量が一粒なので食事に合わせた調整もできないことも候補から外れた要因です。

ファンケル マルチビタミン&ミネラル

1日の目安量が6粒と多いので、飲むのが若干面倒なのと、栄養素等表示基準値と比較して配合されている栄養素が控えめで、価格も高いので候補から外れました。と言いながら何も調べていない段階で、薬局でも買いやすかったこともあり試してみたのですが、飲み始めて3日ほど便秘気味になったのが気になりました。1週間ほど飲んだ段階でボサボサだった髪質が少し落ち着いたので効果はあるような気がします。ぽろっとTwitterでぼやいたらサポートアカウントからご案内が来たのですが、肝心のサポートページを見るには会員登録をしなければならなかったので少し残念な気持ちになりました。

▽DHC パーフェクト サプリ マルチビタミン&ミネラル

薬局でもよく見かける「DHC マルチビタミン ミネラル+Q10」とは違い配合されている成分がいい感じにリニューアルされています。ディアナチュラと同様に「栄養素等表示基準値」に沿ってビタミン類が配合されていて、その名の通りパーフェクトに近い商品なのですが、価格が高いことと、公式通販でしか購入できないので、候補から外れました。ディアナチュラ ストロング39アミノとの違いは必須アミノ酸以外のアミノ酸が配合されていないことと、おまけ成分のコエンザイムQ10などが追加されていること、他のマルチビタミンには配合されていないビタミンKが配合されているといったあたり。もう少し安く手にはいるなら試してみたい一品です。

小林製薬 小林製薬の栄養補助食品 マルチビタミン ミネラル 必須アミノ酸

小林製薬の栄養補助食品 マルチビタミン ミネラル 必須アミノ酸 約30日分 120粒

小林製薬の栄養補助食品 マルチビタミン ミネラル 必須アミノ酸 約30日分 120粒

 

可もなく不可もなく、他のマルチビタミン&ミネラルと比較して特に優れた点もなく、価格も高いので候補から外れました。成分表と栄養素等表示基準値をいくら眺めて比較してもビタミンEだけなぜか多く他の成分は少なめに配合されている理由がわかりませんでした。

▽その他、海外製のマルチビタミン&ミネラル

Amazonで検索してて「LIFE STYLE マルチビタミン&ミネラル」や「acquavita(アクアヴィータ) マルチビタミン&ミネラル+64種の野草発酵エキス」も気になったのですが、「栄養素等表示基準値」と比較するとバランスが悪いし、やはりセレンとクロムの配合量が多いので候補から外れました。海外サプリメントはなんか良さそうなイメージもあるかもしれませんが、サプリメントは食事で足りない栄養を補うものなので、日本人の食生活に合わせて考えられた厚生労働省の基準を素直に信じようと思います。

■比較検討のリサーチに使用した成分表

この記事を書くにあたって比較検討に使用した成分表をGoogleスプレッドシートにまとめています。tableタグで綺麗に組むのめんどくさかったので気になる方はこちらも参考にしてみてください。

■参考文献

セレンやクロムを含むサプリメントの過剰摂取にご注意|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/selen.html

「日本人の食事摂取基準(2015年度)」策定検討会審議会資料 |厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

スポンサードリンク